junsama48 のすべての投稿

焼き鳥凡・ラーメン炎王

先日は、おっさん4人 (といっても僕以外はみんな結構若い) で焼き鳥とラーメンのはしご。

焼き鳥凡は、大分駅前のすぐ近くにある。駅チカとは言っても中央のルートではないので、「おーこんなとこに焼き鳥あるのかー」という感じの場所であるので、今まで見たことがなかった。

たぶん1階から3階まであって、2階以上はグループで、1階はおひとりさまでも入りやすい感じ。オーソドックスな焼き鳥屋という印象。かなりしこたま食べて飲んだので、お値段は結構いったような気がするが、一本一本の鳥はかなり美味しかった。今度妻と復習しに行かなくては。

二次会は、都町にあるラーメン炎王。飲んだ後補正もあるのかもしれないけど、これは大分に来て一番美味しかった。味は限りなく一蘭と近い感じ。満腹食べてたのに、替え玉してしまった。ここでもビール飲んだので、正直後半よく覚えてない。変なこと言ってなければいいんだけど。

あまり普段は都町の方にはいかないんだけどココらへんこそ繁華街という感じなんだねえ。いろいろなお店があって面白かった。しばらくはこの近辺をいろいろ探ってみよう。

広島帰省

先週末は広島に帰省してきた。出発早々に霧のため高速道路が通行止めで2時間のロス。長距離移動がつらい時期になってきたなあ。

目的1は、次女とその彼氏と合うこと。ぼちぼちそういう時期が来たなあという感じである。一緒に住んでいるお部屋を見せてもらったり、みんなで買い物に言ったりお好み焼きを食べたりと楽しく過ごす。彼氏はほんとに礼儀正しい人でうまく行ってもらいたいなあと強く思う。親としてもこれから忙しくなりそうだ。

目的2は、祖父のお墓参り。諸事情あってどうしてもお葬式とかそういう行事に参加できなかったので、今回は姉家族と妻とお泊り。祖母は高齢の一人暮らしなので心配していたが祖母は元気そのもの。とにかく孫やひ孫の世話を焼きたいみたいなので、疲れない程度にしっかり甘えてきた。姪にお小遣いを上げるという親戚のおっさんてきな動きもしてみた。
祖父とは、お墓の前でいろいろ挨拶できた。亡くなる一ヶ月くらい前に、一度お見舞いに行けて最後に少しだけでも話せてよかった。うちの家族はいろいろ面倒な事情もあるんだが、祖父には本当にお世話になった。90近くまで生きたし、大往生だと思いたい。さようなら、またあちらであいましょう。祖母にはもう少し元気でいてほしいな。

写真は帰りのSAで食べた下松ラーメン。牛骨スープでとても美味しい。

産業・組織心理学会と集中講義

想像した以上に苦しく楽しかった一週間をなんとか無事に終えた。

まずは名古屋で行われた産業組織心理学会に参加。産業組織心理学のポストで採用されているので、自分のメインのフィールドではあるんだけど、最近は開催のタイミングが合わなくて、数年ぶりの参加となった。

昨年までは、口頭のみだった (はず) ので発表するとなると、30分のオーラルと4枚の抄録というハードル高めだったんだが、今年はポスターも開催されたので、久しぶりのチャレンジ。発表には今までにないくらいたくさん人が来てくれて、いろいろ示唆に富むコメントをいただけた。たくさん名刺もらいすぎて誰が誰だか。。

社会人院生とか企業の発表者が多いので、全体的にフォーマルなスーツが多かったり、現場の話が結構多く参考になる学会。議論の時間が長いのもいいね。サンプルの数が多いけど分析手法としてはちょっとむむ?と思うようなのが混じっていたりしたけど、30分聞くと結構その間にいろいろ考えることができる。来年はオーラルにしようかなあ。ひさびさに師匠と飲めたし、夜の学会も満喫できた。

日曜の夜には、新幹線で広島に移動して翌日から集中講義。産業組織心理学会に参加した翌日に母校で産業組織心理学の授業ができる幸せ。

集中講義は4コマ×4日というスケジュールで、昨年も経験しているのである程度予想も出来ていたのだが、学会からの連泊ということもある初日終わった時点ですでに結構なお疲れモード。6時間もしゃべるとクタクタで喉もがらがらになる。しかもなんか寝付けなくて2日目の朝は最悪の体調なところに台風のため終日休講というお知らせがくる。これはもしかしてこの4コマはレポートで代替え??という期待が膨らむ (そんなうまい話はない)。

結局、3日目、4日目6コマという未知の体験をしました。まあ僕も大変だったけど、学生も大変だったねえ。母校の学生はホントに真面目でこのハードスケジュールでもしっかり勉強してくれた。途中でちょこちょこ飲み会も挟んだので、やっぱり体力的にはきつかった。来年は3×5日にしてもらおうかなあ。

しかも、クタクタで家路についたところJRの人身事故の影響で小倉で足止めを食らう。結局力付きて小倉で更に一泊して翌朝帰宅、そのまま仕事という合計7泊8日の長旅になった。ほんと燃え尽きました。写真は学生に撮ってもらったあざといシーン。

 

佐賀関方面をドライブ

ちょっと前の日曜に行ったところ。

結構いろいろ動き回っているので、大分観光も行き尽くした感があるが、いろいろ調べてみると佐賀関方面はあまり攻めていない。

ネットで探してみると、やはり関サバが有名みたいなのでドライブがてら関アジ関サバ館まで行ってみる。

超豪華。まだまだ暑いけどテラス席はいい風が吹いて素敵な気分。

そのままぐるーと山道を通って関崎海星館へ。ここは今までに行った中でも相当な絶景。天気が良かったせいもあるんだろうけど、網走よりも印象深い。下の灯台まで往復30分くらいでクタクタだ。

写真に写り込んでいる坊主。

APA2018

サンフランシスコで行われていたAPA (American Psychological Association) 2018で発表してきた。
ポスター発表は5年連続ということで結構慣れてきたんけど、初のアメリカ本土、そしてなんと言っても初の単身海外ということでかなり緊張した。
発表そのものはここ1年のDMM英会話のおかげでリスニングはだいぶいけるし、周囲に知ってる人もいないのでグイグイ喋れて今まででいちばんの手応え。

全体の発表のレベルは日本と比べてそんなに高いとも思わなかったが、若手対象とかキャリアアッププログラムとかとても充実していた。日心と同じ雰囲気でお祭りみたいな位置付けなのかなぁ。生ジンバルドーみれた。勇気を出して写真撮ってもらえばよかった。

サンフランシスコは坂がとても多く、結構規模が小さい。街の規模としては広島くらいじゃないかと思うくらい。いかにもアメリカって感じの町で、噂には聞いていたが街の中に危険な地帯が急にあってホームレスとか薬物依存の人とかウロウロしているので気が抜けない。

英語力の向上にはあまり期待できないのでこれからの方向性を考えないとなぁ。お客さんもたくさんきてくれてまぁ満足できる出張だった。写真はサンフランシスコ名物のケーブルカー。一回乗るだけで7ドル。ものすごく物価が高い。

国東半島ドライブ

また放置してた。いっつも忘れるなあ。
青森から帰ってきた翌週は、国東半島のあたりをドライブしてきた。

銀たちの郷というところで太刀魚の蒲焼を食べて、ラジオで甲子園を聞きながら、空港のあたりや真玉海岸などをぐるーっとドライブ。途中で通った弥生の村はほとんど観光客がいない。そりゃ暑いものね。

帰りに寄ったくにさき六郷温泉は、大分によくある市民温泉。料金も安くレベルの高い温泉だった。妻の大好きな道の駅にもたくさん立ち寄れた。非常にのんびりした週末だった。

メソ研究in 弘前

メソドロジー研究会2018年度第2回研究会で発表してきた。初の青森。

メソ研への参加は三回目。前回はホストで、今回は初の発表をしてきた。早朝5時に自宅を出発し、会場に着いたのは1330というタイトなスケジュール。メソ研のメンバーはいっつも酔っ払って楽しそうにしている感じなんだけど、発表の質がとても高くてとても刺激になる。
僕の発表は、「こんな分析してみたけどでや?」って感じだったんだけど、それなりに興味を持ってもらったみたいで良かった。あんまり緊張するタイプではないんだけど、発表中は結構緊張してオーディエンス見れなかった。発表のあとの飲み会も、翌日のミーティングもいい感じだった。ずっと会いたかった人にも久しぶりにあえて良かった。いろいろ淀んでいたけどこれで結構いい感じに進みそう。

初の青森はとても涼しかった。写真は青森のB級グルメ味噌カレー牛乳ラーメン。

阿蘇 &高千穂アゲイン

海の日ということであえて山にプチ旅行。
妻の所望は、阿蘇に宿泊して帰りに高千穂に寄って帰るというドライブコース。両方二回目。うちの妻はあまりチャレンジしないタイプなのだ。

初日は、朝9時に出て、調べておいたおちかラーメンへ。すごい田舎町でほとんど人を見かけないのにお店の中は常連さんでぎゅうぎゅう。にんにくの効いたかなり美味しい熊本ラーメンだった。その後、だらだらとドライブしながらサントリー熊本工場へ見学。運転者は、ビールは飲めないのでオールフリー。無料でかなり丁寧に案内してもらえるし、ビールも三杯飲めるという大盤振る舞い。
宿泊したのはアーバンホテル阿蘇。ここはかなりおすすめ。非常にホスピタティにあふれているし、料理もうまくリーズナブル。併設のお風呂もかなり豪華だった。いつものように飲んだくれてぐーたらした。阿蘇付近はまだたくさん通行止めがあってまだまだ震災からの復興には時間がかかりそう。来年も旅行にいってしっかり経済復興に貢献しよう。

翌日は猛暑の中高千穂に回って渓流で涼む。楽しみにしていたボートが大雨の影響で閉鎖されていたのが残念だった。いたるところで災害があってなんか不安になるねえ。
とりま良い週末だった。来週もがんばろう。

写真は宿においてあったオセロ。妻にやり込められてしまい化粧品を買わされてしまった。ストロングゼロのせいに違いない。

肉汁麺牛ごろ極

7月第2週の金土曜は、大分市のご当地MVを作るという企画で、学生さんとレゲエミュージシャンと一緒に大分市内をうろうろしてきた。
相当な暑さの中でフラフラになりながらもなんとか撮影完了。歌詞も面白いのができて、結構いいMVになりそう。

途中で食べたのは、肉汁麺牛ごろ極のラーメン。駅近くで気になっていたところで、大分ではかなり有名みたい。石焼きの器でかなりあつあつ。牛スープは、珍しく、だしがきいてかなり美味しい。追い飯としてご飯を入れて雑炊みたいにするのも新鮮だったなあ。シンプルなラーメンにしたけど、みんな白丸にしてたので次回はそれにチャレンジしてみよう。

Human Behavior and Evolution Society (HBES) in Amsterdam

またしばし放置していたのでまとめて記録。
7月初旬は、国際学会参加のためにオランダに行ってきた。台風の影響で飛行機が飛ぶかどうか非常に微妙なところで朝からやきもき。なんとか羽田行きの便へ乗り込む。
行きは、羽田ロンドンで乗り換えかなりぼろぼろになりながらもなんとかアムステルダムに到着。軽く食事を済ませて即就寝。

学会初日は昼から開催なので、午前中は国立美術館に行ってレンブラントの夜警を見る。美術的素養がない人間なのでふむふむそんなものかという感じ。
4日間、口頭発表を中心にいろいろ聞いた。専門とは少し離れているけど結構有名な発表者も多かった。専門の内容とは違っていても、集中して予習していけばリスニングは結構いけるようになったのも収穫の一つ。今回のポスター発表は責任著者ではないので、結構ゆとりのある学会だった。
帰りはドイツで乗り換え帰宅。出張中に広島は大水害。娘たちは大丈夫みたいだけど、多くの教え子が苦労しているのでまだまだ心配は続く。

アムステルダムは、街中で大麻の香りがしているし、いたるところにポルノショップとか美術館とかあるようなとても驚きの街だった。でもフランスほど危険を感じることはなかったなあ。

次回は単身サンフランシスコ。しっかり英語勉強しなくちゃ。写真はアムステルダムの運河。とてもかっこいい。