junsama48 のすべての投稿

広島帰省と仙台旅行。

先週末から義父の体調が思わしくなく入院が必要になったので、急遽帰広。
翌日から仙台旅行に行く予定だったのだが、ソニックに揺られて2泊3日の弾丸ツアーである。

義父は無菌室にいる関係で、僕は会えなかったが、妻と二人きりでいろいろ話せたみたい。これから治療は大変だが、なんとか乗り越えて元気になってほしいなあ。義母も義妹も近くに住んでいるので取り急ぎの心配はないけど、何分にも大分は遠い。なんとか時間作って妻を連れて行ってやらなくては。

お見舞い以外の時間は、長女と遊びまくる。相変わらず天真爛漫で動き回るので、見てるだけでニコニコしてくる感じ。まああまり一緒にいるとヘトヘトになるので2泊3日くらいでいい感じ。写真は長女が盛って写してくれたワタクシ。すげえ芸術家みたい。

大分に帰宅後、急いで一泊。翌日は次女に会いに仙台まで。大分から仙台までは本当に遠い。飛行機乗り換えると結構お金もかかっちゃうので、福岡から仙台までのツアーを三ヶ月前に予約しておいた。大分から福岡のバスがとにかくきつい。広島帰省があるなら、福岡でもう一泊しても良かったかな。
仙台到着後は、レンタカーを借りて宿泊地の仙台、次女夫婦の住む石巻市、松島などを観光。最終日は珍しいキツネ村などいろんな場所に行けた。レンタカーは生まれて始めて借りたんだけど、結構安いしすごい効率がいいね。半年ぶりだったので時間はあっという間に過ぎる。次女は長女と全然性格が違ってコツコツ真面目で落ち着いた感じ。別れ際には、次女と妻がいつも号泣するのでこちらまで貰い泣きしてしまう。

写真は、初日に食べた仙台の名産物たち。

図らずも1週間で娘たちに会えたので夏休みの終わり方としては最高だったかな。来週から後期が始まる。研究はしばらくストップかなあ。4年生の卒論と3年生の学会発表がうまくいきますように。がんばらなくっちゃ。

大分農業文化公園

学会から帰った週末は、妻とドライブデート。もうとにかく近場では行くところがないので、とにかく片っ端からという感じである。

お昼は、別府にある「香」というお店でつけ麺。ここはチェーン店だと思うんだけど別府店はAPUがあるからなのか店員さんが多国籍でなんだか不思議な雰囲気。

大分農業公園は、昆虫館とか植物園とかもあってとてもよい雰囲気。敷地が広くて、のんびり歩くと1時間以上かかるのでレンタルサイクルとかもある。当日はマルシエとか出店もでていたので、大勢の家族連れで賑わっていた。のんびり過ごすには意外と穴場かもしれないね。

日本心理学会第83回大会in 立命館大学

またしても随分と更新していなかった。夏はとにかく忙しいし、いろんなことが起こってしまう。

9月11日−13日は、大阪のいばらきにある立命館大学で行われた日本心理学会第83回大会に参加してきた。この学会は毎回のことだけどとても規模が大きく、コミケみたいな雰囲気。並行セッションが多いので、予定をちゃんとたてないと迷子になってします。
自分の発表は、初日の朝のポスターセッション。昨年度まで行っていた「寄り添い」チームの研究成果を発表してきた。概ねポジティブな結果だったので、これは帰ってすぐに投稿予定 (とういうか投稿した)。尺度開発に関係するものなので統計的なとこがちょっと心配だけどもなんとかなりそうな感じ。残りの時間は、小公演を中心にあえて自分の専門から外れたセッションを中心に回る。最近文字を読むのが辛くなってきたので、専門外の研究の動向をさらっと流し見できるのはとても助かる。ただ、あたりのセッションとハズレのセッションがあったりするのも日本心理学会の奥深さかなあ。セッションの合間には懸案のミーティングも数件終わらせたので、ここから一気に研究が進展しそう。

相変わらず、夜の学会活動も盛り上がった。友人と飲んだり、英語教育関係の人達とべろんべろんになったり。来年は東京か。良いデータが取れて発表できればいいけど。写真は、二日目の3次会で食べた揚子江のラーメン。あっさりして食べやすい。

 

週末のデート

集中講義から帰って翌日の土曜日は、休日だけど研究室で論文書き。

日曜日は、久しぶりの駅前のアミュプラザで妻とデート。ランチは、プレミアムバケットでちょっとおしゃれなご飯を食べる。パンが食べ放題なのでひたすら満腹。

駅前のイベントにタレントのIMARUとかマギーが出ていてそれを眺めて遊んだりする。マギーめっちゃ細い。あと何故か教え子がおしゃれビフォーアフターみないなものに出ていて大笑いする。

せっかくなのでおソロの靴をゲット。

夜は下郡の肉肉うどん。ここはここでまあうまいね。ちょっとコストパフォーマンスが悪いかな。

 

集中講義in 広島修道大学

9月3日−6日までの4日間は母校の広島修道大学で集中講義。
15コマを4日間で行うので相当タフなスケジュールだが、集中講義は3年目なのでずいぶん慣れてきた感じ。

昨年は台風の影響でなんと4+6+6というとんでもないスケジュールだったが今年は天候に恵まれて普通に4コマ×4で予定どおり。とはいっても毎日6時間しゃべるのは相当きつい。学生も最後は燃え尽きた灰のように感じだった。年々きつくなってきたので、来年は、変速で5日間とかにしてもらおうかなあ。

まあでも学生はホント真面目だし、教員にもコミットメントが高くてやりやすいのでありがたい。これは、まあ母校の先生方が普段から学生指導しっかりしてるからだろうねえ。母校で講義をさせてもらうというのは僕にとって夢のようなものなのでとてもありがたいことだ。あっそういえば、初めて勤務した病院の院長が講師として来ていたので久しぶりに挨拶できた。

夜の集中講義は、友人や他の先生たちとしっかり飲んで楽しめた。中日で禁酒すればあまり疲労もたまらないのでいいね。写真は、最終日帰りに食べたねぎ庵のお好み焼き。来年もよろしくー。

 

パーソナリティ心理学会 in 武蔵野美術大学

武蔵野美術大学で行われたパーソナリティ心理学会に参加。
いつものことながら、大分東京間は非常に遠いので前日入りしなくてはならない。
まあ、東京の友人に逢うきっかけにもなるので嬉しさ半分だけれども。
今回は、Facebookで旧交を温めていた中学生の頃の部活の友達とかれこれ30年ぶりくらいの邂逅 (一人は6年ぶりくらいかな)。みんな全然変わっていなくて驚き。懐かしい話している間にワインを三本も開けるくらい盛り上がった。

学会は、シンポジウムとポスターを中心にいろいろ議論できた。どっちかというと若手の発表が多いので、地方学会のような雰囲気でリラックスして話せる感じ。自分のポスターにも結構たくさん知らない人が来てくれたのでとてもありがたかった。あと、嬉しいことに論文が学会賞を取ることができて、人生始めての表彰式にも出ることができた。

二日目の夜は、高校時代からの親友と二人酒。だいたい年に一度一緒に飲みお互いの近況などを語らう。これからもこういう関係が続くといいなあ。

ってか、関係ないけど、立川とか国分寺とかそういうとこでも広島駅よりでかいのにびっくり。東京は何回来てもちょっと不自然な街だなあ。

写真は武蔵野美術大学の中にある美術館の中の展示。すごいおしゃれな大学だった。

国東方面を満喫

先週の週末はのんびりと国東方面をドライブ。
まずは、いつもの道の駅くにみでたこめしを食らう。まあこれは普通。

次は、妻が見てみたいとせがんていたひまわり畑を見に香々地にある長鼻崎リゾートキャンプ場へ。あいにくの雨のためひまわりは結構しょんぼりしてる。ちょっとおもてたんと違うけど、キャンプ場自体が結構いい感じで海の前のキャンピングカーとかBBQ場とかあってすげえ楽しそう。来年行こっと。

続いて、ちょっとドライブがてら行った熊野磨崖仏が想像の何倍もすごい。結構急な岩の道をはあはあ言いながら登ったところにあるでかい石仏。ちょっと感動した。

帰りはいつもの温泉によってココ壱で晩ごはん。いろいろあるとこにはあるもんだねえ。国東方面ももう少し丁寧に巡ってみようかなあ。

 

魚河岸 in 府内町

お盆休み明けに、研究室の両隣の数学者さんたちと行った居酒屋さん。
一見さんで入るのはちょっとためらう感じの、いい感じのこなれたお店。店の中は活気があってとても雰囲気がいい。

お魚がメインなんだけど、基本的にはなんでもある感じの昔ながらの雰囲気。一つ一つの料理がかなりおいしくてリーズナブル。ここはいいねえ。しょっちゅうきたい。調子に乗って飲みすぎて、二次会あたりからほとんど記憶がない。気がついたら自宅の床で寝ていた41才。本当に気をつけねば。。

ド文系の生活をしてきたので、理系の話はまさしく学者って感じですごい面白かった。しかし、あいかわらず記憶があいまいで、あとでiPhoneみても意味不明なメモばかりだった。

研究会とかで話してもらったり、自分の研究の話を聞いてもらったりしたら楽しそうだなあ。僕の研究室は所属する学部から離れているので、お隣の先生方とは挨拶程度の関係だったんだけど、ずいぶんいろいろ話せてすげえ楽しい時間だった。

 

 

宮崎旅行

今年のお盆休みは久しぶりに結構のんびり。
10日 (土) は仕事のあと長女とその彼氏が遊びにきてお泊り。ふたりともまだまだ子供だなあという感じ。仲良いのでこのまま続いてほしいなあ。

12日からは妻と宮崎旅行にでかけてきた。

目的地は霧島の直ぐ近くにあるえびの高原。日向のあたりでチキン南蛮を食べたり、コカコーラの工場見学したりしながらのんびり。小雨が降ったりやんだりの繰り返しだったので結構過ごしやすかった。

宿泊した宿は古びた温泉宿。温泉の種類も豊富でお宿のご飯も本当においしい。温泉街そのものが閑散としていたのは残念だったけど、ホスピタリティの高いよいお宿だった。翌日は、霧島神社や高千穂牧場、その他いろいろ観光。霧島まで来ると桜島も見えて、鹿児島まであと一時間という感じ。せっかくなので鹿児島まで羽を伸ばしてもう1拍しようかなあと思ったけど、台風も近づいていたので、宮崎まで戻って宿泊。地鶏をもぐもぐ食いながらまた痛飲。

最終日は台風の影響で風雨がすごい。途中の道の駅でブリカマを購入して帰宅してから日本酒タイム。よく飲んで楽しかった3日間だった。久しぶりにぜんぜん仕事をしない休日だったので、リフレッシュできたはず。。

写真は霧島神社の鳥居。いいふんいき。

府内戦紙

8月最初の週末は大分の代表的なお祭りである府内戦紙というのに行ってみた。

大分に来て3年目だけど毎年ちょうど出張に行っていたので行ったことがなかった。今回は2日目にちょっと町をぶらぶら。大分にここまで人がいたのかとびっくりするくらいの人数。いい雰囲気でほろよいからのカラオケといいういつものパターン。戦紙は初日で3日めは花火大会とのことだったので来年はちょっと日をずらしてみようかな。花火はまあ家からでも結構みえるんだけど。

翌日は、疲れた胃をひこずって二郎系ラーメンのまる重を食らう。相変わらず殺人的な量。流石に41歳にはきつい。

締めは、長湯温泉にある御前湯でまったり。ここは、風呂に入ったあとで河のせせらぎを聞きながらうたた寝できるのがよい。
相変わらずの週末であった。