くじゅう高原

最近は胃潰瘍の影響もあってお酒を飲むのは週に一度。
今週は土曜日に自宅で日本酒をがっつり (卒業生が送ってくれた雁木。超ウマ)。

翌日は、11時くらいまで寝てドライブがてらくじゅう連山まで向かう。何回目かなあと思うくらいだけど、やまないハイウェイはとてもいい景色で癖になる。あとやまなみ牧場というところは、犬とかうさぎとか小動物がたくさんいてかなり癒される。ひとしきり動物みて興奮した後は、男池という湧き水を見に行ってマイナスイオンを補給。

地味ーな場所にあるけど、相当キレイ。

最後は、九重星生ホテル 山恵の湯へ。ここはホテルと併設の温泉なんだけど、日帰りで800円と少しお高い。でも圧倒的な泉質と雄大な景色なので、超オススメ。

さて、来週は、授業準備強化週間。どこまでできるかなあ。

まる重

南大分にあるつけ麺屋。「大分 つけ麺」でググると出て来る。
ラーメンやつけ麺などかなり豊富なメニュー。量については想像よりもだいぶ多くて、ヤサイ大だと結構苦しくなる感じ。スープの濃さや麺の量なども選べる。

写真は麺大盛り、野菜大、にんにくあり (女性はにんにく早めておいたほうがいいと思う) 。

こんなに家から近いんだったらまたいかなくちゃと思うけど、40過ぎるとこれを食べるためには体調を整えて置く必要がありそう。

まこちゃん

大分駅の近くにあるお好み焼き店。
正直あんまり期待していなかったんだけど、ちゃんとした広島のお好み焼きが食べられる。お値段も肉玉そば680円くらいだったので結構お安い。

ビール2杯、酎ハイ飲んで結構満足。夜遅くまで開いているので二次会で締めのお好みににも良さそう。

野球部らしき高校生が10人くらい来てたんだけど、かなり礼儀正しくて気分が良かった。また来なくては。

 

 

宮崎アゲイン。

私「3連休だねえ」
妻「することないねえ。家に一日中おられるとちょっとうざいねえ」

という会話から、週末プチ旅行に行ってきた。
連休初日の土曜は研究室でひたすら論文を読みまくる研究者っぽい一日。2日目から、車で宮崎に向かう (本年度二回目)。今回はなぜか延岡に泊まるという行き当たりばったりの旅。

途中でつくみいるか島 (2回目) によって癒やされた (めっさ寒かったけど) 後延岡に。延岡にはチキン南蛮発祥のお店があるとのことだが、そんなことには構わずいつものように近所の居酒屋でグビリ。しかし田舎だったなあ延岡。。。

ストロングゼロのお陰で見事な二日酔いの中、カープの日南キャンプへ。元々そんなにカープファンというわけではないんだけど、ああいう日常と違う感じの練習はかなり面白くて見入ってしまった。来年も行きたいなあ。

おとなの大漁旗

胃潰瘍は体感的には完治しているけど、まあお薬飲んでる間くらいはということで、お酒は週末の一回だけというルール。

先週末は、ひさしぶりに妻とデート。
大分駅から都町方面をぶらぶらしながら、見つけたお店。
半個室でゆっくり楽しめるよい雰囲気。年を取ってくるとそんなに食べられなくなるから、これくらいの値段がちょうどいいなあと思うような価格設定だった。

とはいっても二人で結構食べて飲んで8000円くらいだったので、結構安いか。
ひとしきり飲んだ後は、いつものようにカラオケでひたすら叫ぶ。ストレングゼロは本当に危ない飲み物だなという感じ。

平日は、毎日飲んでいたことを考えると、すごい時間が浮くなあという感じ。空いた時間は英単語と論文作成に当てているけど、やっぱり味気ないねえ。

写真は、かぼすブリのカマ焼き。最高である。

メソドロジー研究会

土日はメソドロジー研究会に参加した。通称メソ研と呼ばれているこの研究会は第二言語習得に関係するメンバーが主となっている研究会で、twitterでのつながりで一度参加させてもらったことがある。

第二言語習得に関しては、そもそもお前がちゃんと第二言語習得しろよというレベルでまったく門外漢なんだけど、分析の方法論とか結構似ていて参考になる。あと、研究が社会につながっている実感も持てるのでなんだかとても刺激をいただきました。そのうちなにか発表したいなあ。

とてもフレンドリーなメンバーで夜の学会活動も楽しめた。メンバーのみなさんも別府をエンジョイしてもらった様子でホストとしては嬉しい次第。

今週金土日は、研究ざんまいの3日間だった。職員会館に泊まり込んで研究会の合間もミーティング、ミーティング。金曜日の午後から共同研究者が来てくれて、僕が筆頭のバーンアウト論文と、共著の風評被害の研究に関するミーティング。両方共最後に引っかかってた幾つかの課題がしっかりクリアーできた。なんとか2月中には投稿できそうな見通し。土曜の午前は、もうひとり参加して別件のWeb調査の分析と次回調査の質問項目の選定までクリア。日曜の午前も共同研究の分析の目星もついた。Skypeもいいけど、やっぱり目の前でやったほうが話がどんどん進むねえ。ちな、職員会館安くてすごいいい感じ。研究合宿したい。

2・3月は出張もないので、しっかり実を刈り取れるようにとにかく「書く」ぞー。

写真は日曜のお昼に食べた二郎系ラーメン。にんにくすごい。

とんかつカツヨシ

ちょっと前の食べたものメモ。

ピロリ菌除去のための禁酒中。ご飯くらいはせめてゴージャスなものを。。
ということで、休日ランチにとんかつをくらう。広島ではみたことのないとんかつカツヨシ。職場と自宅の途中のちょっと奥まった場所にある。

入ってみると、結構古めかしい作りで、浜勝とはちょっと違う雰囲気。
平日ランチに比べると少しお高い様子だったけど、よくばりな僕は1580円くらいするセットをオーダー。

ヒレカツ、ロースカツ、エビフライの豪華3天盛り。ご飯とキャベツはおかわり自由。個人的にはお味噌汁がおかわりしたいんだけどね。
特にエビがうまかった。これだけガツガツ食ってなにが禁酒だよという感じだが。

大分大学研究会 (仮)

若手の先生有志で企画する研究会を開催した (自分が若手がどうかは微妙だが)。
きっかけは飲み会の席。
経済学の中にもいろいろな分野があるし、お互いの研究の紹介とか議論とかせっかくだからなんかやりたいですねーという流れ。周囲の人は研究とかこういうのに積極的な人が多いとどんどんこういうの決まっていいねえ。

じゃんけんで一番に負けた人が初回の発表、2番目が会場の準備や広報、3番目の僕は議論の賑やかしのために、アホな質問を積極的にして賑やかすというお仕事を担当した。

初回は2時間、財政学の先生の発表、時間が足りないくらいどんどん質問が出て結構盛り上がったと思う。仕事であるアホな質問以外にもいろいろ聞けてかなり勉強になった。あまりにも楽しかったので久しぶりの飲酒解禁。次回は3月にベテランの先生にオファーして快諾を頂いた。
今回は学部生も何人か来てくれて、社会的促進が起こったような印象だった。これからも何人か来てくれたらいいな。研究会の名称ももう少し練ってから3回位続けばHPも作ろうかなと思ったりしている。ワクワク。

写真は本文とは全く関係ないうちにいるぬいぐるみ。

 

 

あっぱれステーキ

自覚症状のない胃潰瘍になって7日間も禁酒している。
体調は絶好調なので、いろいろ食べたいなーでも刺激物はあんまりよくないなーとのことでいろいろ我慢してたんだけど、肉はいいだろうということで気になっていたステーキを食べに言ってきた。

大分駅から近い商店街にあるあっぱれステーキ。
雰囲気としては、いきなりステーキのローカルバージョンという感じである。店外で食券を購入してから店内でもぐもぐというスタイル。ライスとサラダとスープがセルフで食べ放題。

200グラムが基準で、あっぱれステーキ、赤身、ミスジが1000円で食べられる。ロースは1200円と少しお高め。初回なので妻はあっぱれ、私は赤身をチョイス。
200グラムじゃちょっと足りないかなあと思ったけど結構なボリュームで大満足。ソースはかかってなくてテーブルにあるいろんな調味料を自分でカスタマイズして食べられる。久々に肉食ったなあという実感。

明日からピロリ菌除菌。。。

厄年と胃潰瘍

昨年の11月頃人間ドックを受けてバリウムをぐびり。
胃そのものには特に診断はつかなかったんだけど、ピロリ菌の保菌者ということで除菌しようとかかりつけ医に向かう。
かかりつけ医は、「除菌するなら一度胃カメラ飲んでおいたほうがいいよ」とのことで一昨日人生初の胃カメラを飲んできた。噂ではかなり苦しいみたいじゃないか。。。

行ってみると、お医者さんは出てこず、流れ作業のように注射されたりゼリーを口に含まされたり喉に麻酔を吹きかけたり。。途中でぜんぜん説明してくれないので超不安。最終的には怪しい薬の入った点滴をされて気付いたら病室でぐっすりだった。検査を受けた記憶一切なし。。おいおい大丈夫かこの病院。

結果は、見事に十二指腸潰瘍と胃潰瘍。自覚症状がある前に見つかったので良しとするかなあ。しばらくは禁酒して治療受けることに。診断されたらなんか痛いような気がきたし、些細なことが気になるもんだね。
現在禁酒3日目。飲みたいなあと思うけど、結構体調がいいのでできるだけお酒は控えなくては。

そう言えば厄年だなあということで、急いで厄払いにも行ってきた。5000円で15分くらいの祈祷。まあやれることはやっておいたほうがいいものね。

写真は大学の近くの西寒多神社。超寒かった。。