仙台っ子ラーメン

自宅の近くにはびっくりするくらいたくさんのラーメン屋があるのだ。
とりあえずは、よく見るチェーン店の仙台っ子ラーメンに。

ここはオーソドックスな豚骨醤油ラーメンかなあ。全体的に東北のラーメンは麺がつるつるしているところが多いので、僕はあまり好きじゃない。

二日酔いで胃が思いときにはちょうどいいかも。

日野屋カレー 東仙台店

仙台の住居は、東仙台方面にしたので、しばらくはこの近郊を攻める。
せっかくなので今まで行ったことのない店に行ってみようということで、カレー屋さんへ。

いつもはCoCo壱番屋ばかり行っているのでこういうタイプのカレー屋さんには興奮する。カツとチキンとかいろいろな種類のメニューがあるので迷いに迷うが大盛り無料は迷わず選択。辛さなどはカスタマイズできないので、ちょっと甘めかな?という印象。

食べてみると、金沢カレーに系統が似ているドロリとした食感。想像したよりもスパイスが効いて結構辛い。癖になる味でしばらくはカレーといえばここだなという感じ。

妻はあまり起きに召さなかったみたいなので (味は美味しいけど胃に負担があるらしい)、行くとしたらお一人様かな。

秋保温泉とせり鍋

大分から仙台に引っ越してきてまず、ビビったのがその大都会さ。仙台駅付近はとにかく都会で、田舎者には情報量が多すぎる。。。

ということで、なんとかおんせんを探そうということで、秋保温泉に向かう。残雪のある庭園で楽しんだ後は、大分に負けない広くて泉質のよい温泉でぬくぬく。

帰りにせりを購入して、自宅でせり鍋にチャレンジ。
うまいーー。

移籍です。

5年間お世話になった大分大学を退職し、仙台にある東北学院大学に移籍しました。
大分大学では同僚にも学生にも恵まれて充実した時間を過ごすことができました。最後の2年間はコロナの影響もあって大変だったけど、とにかく学生がまじめだったのでなんとか最後まで楽しく過ごせました。

いままでは、福祉系の学部や経済学など他分野に所属していたんだが、4月からはいよいよ心理学の専門スタッフになるのでいろいろ勉強せねば。。。

ここから食べたものブログは、仙台バージョンに変わります。ずんだ餅うまい!

写真は掃除後の研究室。さようならおんせんけん!

五車堂のカレー

あけましておめでとうございます。
年末年始という名の肝臓合宿の中休みということで、ぷらぷらと初詣まで出かけて、今年初の外食。

ひっさしぶりに商店街を歩いて、気になっていた洋食屋さんに入る。なんだか北斗の拳に出てきそうな名前の洋食屋。持ち帰りのお弁当が積まれて活気に溢れている。

ちょうどタイミングよく空いていたので、いそいそと座る。チキンカレーとカツカレーを頼んで妻とシェア。

いかにも老舗のカレー屋さんで、味は甘口。とてもおいしい。たっぷりのキャベツと喫茶店のナポリタンもうれしい。ボリュームがかなりあって、満足度が高かった。

今年もおいしいものをたくさん食べたいなあ。

広島帰省と下関

12月中旬、コロナの合間を縫って広島帰省してきた。目的は、長女の両家顔合わせと祖母に会いに行くこと。大分から、祖母宅まで車で6時間もかかるし、なんといってもコロナの問題もあり、2年ほど祖母には会えないまま。。今回の帰省時には、大分でも広島でも新規感染ゼロ名が続いていたこともあり、なんとか祖母に会いに行けた。

90歳を超えた祖母は、まだまだ元気で一人暮らしをしているんだけど、冬の間だけサービス付き高齢者向け住宅にお世話になることが決まってるらしく、これを逃すとまたしばらくあえなくなりそう。まあ、短い時間だけど話せてよかった。帰りはしんみりしてちょっと目がうるうるしてたばあちゃんに萌えた。また、元気で再開できるといいなあ。

長女の両家顔合わせは、めったにしないおめかしをしてなんだか高そうな会席料理を食べてきた。とりあえずやさしそうな両親で安心した。いくつになっても子供は子供でいろいろ心配事はあるけど、幸せになってくれますように。

トンボ返りも味気ないので、帰りは久しぶりに下関に一泊。せっかくなのでぐふぐ料理を食べて痛飲してきた。久しぶりに外でお酒飲んだなあ。コロナがこのまま落ちついてくれればいいんだけど。

今年のライフログはこれくらいでおしまい。また来年!

龍の家 下郡バイパス店

買い物の帰りに、立ち寄ったラーメン屋。12月の初旬に行って、これを書いている大晦日のお昼も行ったので月に2回も行ってしまったらしい。本店は久留米市とのこと。

とんこつコク味とあっさりの純味の2種類のラーメンが食べられるので妻とそれぞれを食した。麺はバリカタ一択。チェーン店ということだが、十分に美味しい。思わず替え玉してしまった。Bセットのチャーハンもうまし。

無料トッピングの辛子高菜、紅生姜、ピリ辛もやしも美味しい。しかも、コロナ対策で毎回箸を替えてくれている。入り口で検温と消毒も義務付けられていて、安心して食べられるお店だった。

姫島めぐり

11月末頃には、姫島に日帰りピクニック。
大分はかなり行き尽くした感じもあるのだが、唯一行っていなかった姫島にチャレンジ。

国東半島にある伊美港というところから、だいたい30分くらいでフェリーに揺られて到着。フェリーは一時間に1本くらいなんだが、伊美港までが結構長い道のりなので計算が立ちにくい。

姫島についてからは自転車を借りて、島内一周。小さな島なので景色を見ながらのんびり姫島七不思議などを回れるが、坂道も多いので5年後なら電気自動車を借りるだろうな。。夏と真冬はちょっと厳しいかも。

お昼ごはんは名物のエビを姫乃家さんでもぐもぐ。うめー!

菊すけ 由布院

年末にまとめて更新。写真を振り返ってもあまり出歩いていないなあ。孫の写真ばかり。

11月中旬頃、由布院にあるカレーうどん専門店に行ってきた。ここはよくテレビでも紹介されるおしゃれなお店。由布院のメイン通りから小道を抜けた別荘地の中にぽつんとある。

交通の便はお世辞も良いとは言えないが、有名店だけあって祝日の昼間は即満席。ただ、席はゆったりしてコロナ対策も万全。カレーうどんは山椒風味で今まで食べてことのない風味。担々麺みたいな味わい。最後に小ライスも入れれてとても美味しかった。

強気の価格設定も納得の美味しさ。わざわざ食べにくるような中毒性はないが、由布院に来たならぜひ立ち寄るといいなという感じのお店だった。

駐車場でちょっと車を擦ってしまいしょんぼりな一日であった。

石巻

9月下旬、次女と孫に会いに仙台へ。
ちゃんとしたものではないが、一応、お食い初めとお宮参りのようなものなのでなんとしてでも行きたかったのだが、緊急事態宣言の状況で非常に微妙な感じ。

出発を決断するぎりぎりまでやきもきしたが、なんとか緊急事態宣言も解除されて無事出発。田舎から田舎への移動だが、ハブ空港を通るので二重マスク、15分に一度の手洗いなどとにかく万全の感染対策。まあでもほとんど人はいなかったんだけど。

2泊3日の石巻では、とにかく孫と戯れまくり観光はちょっとドライブする程度。今までだどもったいなく感じたんだろうけど、とにかく動く赤子の可愛さよ。

よその赤子を見ると、いつもなかなか大きくならないなあと思っていたんだけど、孫だとちょっとした変化に成長を感じでウキウキする。ずっとこのままでいてくれればいいんだけどねえ。

思う存分抱っこして無事帰宅。動画フォルダにたくさん動画をストックできた。ほとんど人にあっていないが、帰ってからは念の為駅前で検査を受けて、しばらくは可能な限り人と接しないように仕事を調整。もっと気楽に移動できる日はいつ頃になるかなあ。

写真は石巻で食べた塩ラーメン。ダシが効いて美味しかった。